世界の使える"クラウドサービス"を日替わりで
世界の使える"クラウドサービス"を日替わりで
ZapierはPathsという機能を追加し、複数の条件分岐を設定できるようになりました。

ZapierがPath機能を追加して条件分岐に対応

これまでもZapierにもIf機能は実装されており、条件分岐に合致したZapのみを実行することができました。ZapierのIf機能は条件に合致しなければ実行を停止するというシンプルなものでしたが、今回、ZapierはPathsという機能を追加し、複数の条件分岐を設定できるようになりました。

Build Conditional Workflows with Paths

Pathを選択すると条件分岐を追加する画面が表示されます。

各々の条件分岐に条件を設定してやると

条件に応じて異なるZapが実行されるというものです。

これまではIf条件に合わせてZapを別々に用意しなければなりませんでしたが、これで一つのZapの中で条件分岐付きのZapが可能となります。

近々実際に業務で使ってみたいと思います。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese