世界の使える"クラウドサービス"を日替わりで
世界の使える"クラウドサービス"を日替わりで
提案活動のシステム化・効率化を促進

Proposify

企業部門の中で、最もシステム化が進みにくいのが営業部門ではないだろうか?本来、顧客との接触を増やさなければならない営業マンが、提案書の作成や見積、契約書の作成に時間をかけてしまい(しかもその多くはひどいデザインだ)、顧客とのアポイントがおろそかになってしまうということが起こりがちである。

Proposifyは企業の提案活動を効率化・自動化するためのシステムである。
あらかじめ用意されたテンプレートに沿って提案内容、企業紹介、見積、契約などの情報を登録すれば、すぐに提案書を完成させることができる。

Proposifyからオンラインで提案書を送付すれば、提案書を受領したクライアントがどのページをどの程度見ているのか、提案書が受け入れられたかどうかを把握することができる。クライアントによってはすぐに回答をもらえない場合もあるが、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後のように、期間をあらかじめ設定して再提案することも可能だ。

オンライン署名にも対応をしており、あらかじめ提案書の後半に契約書を加えておくことで正式な受注をオンラインで行うことができる。またStripeとも連動するので、正式の受注後、オンライン決済まで済ませることも可能だ。さすがにB to Bの契約をクレジット決済で済ませるのはやりすぎだという気もしないではないが。

IT化が進みにくい営業部門であるが、初めてProposifyを触ってみたときは、営業活動もここまで来たのかという感じだった。営業生産性を高めるために、やり方を変えるというのも一つのソリューションではないだろうか。

Screen Shots

豊富な提案書テンプレートが用意されており、会社名や担当者名を差し替えるだけですぐに使える。
ダッシュボードではクライアントがどのページを何分間見ていたかなどの履歴が残る。
提案書だけではなく、見積書や契約書まで統合することも可能。
PR
jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese