世界の使える"クラウドサービス"を日替わりで
世界の使える"クラウドサービス"を日替わりで
基本無料なのに膨大な機能と拡張性を持ったCRM

HubSpot

HubSpot社はインバウンドマーケティング統合パッケージを提供する米国の企業だが、CRM機能をHubSpot Salesとして無料提供している。

CRMの多くは利用者数によって課金されるため、仮に一人$50とすると50人の会社では毎月$2,500もコストがかかってしまう。その割には多くの会社でCRMを導入してもうまく使いこなせなくて宝の持ち腐れになっている例が多い。まずはHubSpotでCRMを導入してみるのがお勧めだ。

GmailやOutlookを導入している会社であれば、社員が送受信をするメールを元に、自動的に取引先リストや顧客リストを生成してくれる。相手がメールを開いたかどうかをチェックしてくれるし、電話や会議のログを登録することもできる。まさに顧客とのリレーションを統合的に管理できるシステムである。

また無料版でもカスタムフィールド機能をすべて利用することができるので、自社向けに顧客リストをカスタマイズすることも可能だ。
顧客管理をCRMに移行したいと考えている企業にとって、まず最初に使ってみるべきシステムだと言えよう。

サマリー
software image
著者評価
1star1star1star1star1star
読者評価
no rating based on 0 votes
システム名
HubSpot
OS
Mac, Windows, iOS, Android
Software Category
CRM
価格
$ 0
URL

Screen Shots

HubSpotはGmailと連携して社内外メールから自動的にコンタクトリストを生成してくれる。顧客リストを作成する必要性がほぼなくなる。
Dealsは顧客との取引をカンバン方式で表示してくれる。受託型のビジネスを行なっている場合は受注活動状況がひと目でわかって便利だ。
セールスダッシュボードでは日々の営業活動状況がKPIとして表示される。
PR
jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese