世界の使える"クラウドサービス"を日替わりで
世界の使える"クラウドサービス"を日替わりで
もはやプロジェクト管理のデファクトスタンダード

Asana

 

プロジェクト管理は最も選択が難しい分野の1つである。自社の管理方法にシステムを合わせようとしても、どうしても機能や使い勝手に不満が残り、なかなか完璧なプロジェクト管理方法はないというのが現状である。

AsanaはFacebookの共同創業者Dustin Moskovitz が創業した会社で、すでにリリースから10年が経とうとしている。
Webの本体側に止まらず、iOS版やAndroid版アプリの更新も頻繁に行われており、長年にわたってバージョンアップを継続してきた企業姿勢には頭が下がる思いである。また1チーム15人までは無料という価格は創業以来継続しており、スタートアップには心強い会社である。

Asanaが導入したコンセプトの一つは社内メールを廃止するというもので、プロジェクトのコメント機能を使ってグループ内のコミュニケーションを行おうというものである。
近年Slackをはじめとするビジネスが浸透し多くの企業で使われているが、Asanaのコメント機能はチャットとメールの中間に位置付けられるものだ。チャットほど緊急性を求められないが、確実にプロジェクトに関するコミュニケーションを実現するには、Asanaのコメントは心地よい使い勝手である。

Asanaはバージョンアップに伴って、有料版ではバーンダウンチャート、カスタムフィールド、ガントチャートなどが利用できるようになったが、無料版でも必要十分以上の機能を持っている。基本性能のブラッシュアップに集中して、システムの安定性と使い勝手の向上を続けてきた企業姿勢には頭が下がる思いだ。

 

サマリー
software image
著者評価
1star1star1star1star1star
読者評価
no rating based on 0 votes
システム名
Asana
OS
Mac, Windows, iOS, Android
Software Category
プロジェクト管理
価格
$ 9.99
URL

Screen Shots

シンプルなタスク一覧が表示されるタスク画面。わが社では全員Asana上でタスクを消化する。
Asanaのコメント機能はメール以上チャット以下という感じで、仕事に集中しながらコミュニケーションが取れるのが良い。
これまで使いづらかったサイドバーのプロジェクト一覧が2018年12月1日よりホームページというUIに一新される。
PR
jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese